So-net無料ブログ作成

ある奥歯の十年間のてんまつ

私は歯医者にトラウマがある。あれはもう成人になってからだが、ぶどうの種を予想外に噛んだことで" 10年以上前から度々痛む奥歯があります。
 歯医者さんにいくたび、どんどん歯が削られ、とうとう歯茎からでる歯の本体が1~2㎜しかないんじゃないか?くらいの状態のところに、歯医者さんの名人芸で、銀歯がかろうじて被さっている状態になっていました。
 ですが、とうとうその詰め物もとれて「もう銀歯は無理だから、入れ歯かブリッジかインプラントを検討して」と最後通告が出されてしまいました。
 さて、迷いました。入れ歯は毎日の手入れが面倒くさそうだし、ブリッジは健康な隣の歯も削って付けられるらしいし、インプラントが一番自分の歯に近い使用感だろうけど金額が高いうえに、医療事故も心配…、というわけで、悩むうち歯医者さんへの足が遠のき、数年間経ってしまいました。
 ある日、件の奥歯に激痛が走りました。歯医者通いをやめてからも、疲れたときなど、ときどき痛むことはありましたが、今回は放っておけず、久しぶりに歯医者さんへ駆け込みました。
下北沢の歯科
 そして、歯根全摘出をしてもらい、インプラントを入れることをやっと決心できたのですが。
 歯を抜いてもらったら、痛みが治まってしまい、かつ「歯一本なくても不自由しない」状態であるのと、最近急に金欠になってしまったため、また歯医者さん通いを中断してしまっています。
 以上のくだりを友人に話したところ、「だめな大人~」と言われてしまいました。おっしゃる通り!


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。